スタッフレポート

2020年11月23日(月・祝)に、『対話と気づきのラーニングコミュニティ 〜集いあい、問いあうことから、はじめよう〜』をオンラインにて開催しました!

今回のテーマ「集いあい、問いあうことから、はじめよう」
これは、Be-Nature School ファシリテーション講座監修の中野民夫さんが、ジョアンナ・メイシー氏と歩んでこられた経験の中で、大事にされてきた言葉を受けて決まりました。

ラーニングコミュニティの前半は、たみさんの話題提供から。
いま、このコロナ禍でオンライン化した状況において、大学の授業ではどんな実践をされているか、
ジョアンナ・メイシー氏に出会った当時、どんな環境下でどんな行動・決断をしてきたのか、
そして、集い合い、問い合うための重要なスキルであるファシリテーションに繋がっていくこと、
2曲の歌と共に、お話していただきました。


「集いあうこと」「問いあうこと」が持つ力の大きさを深く感じて、後半は、講師7人が立てた「問い」ごとの分科会に別れての対話の時間を過ごしました。


中野民夫「オンラインでもできることはたくさんあるけど、失ったものは何?」
大枝奈美「次のことを考える前に、今ここで言いたいことはなんですか?」
鈴木まり子「性の多様性を理解することから見えてくるものは何だろう?」
冨岡武「あなたが、難しいけれど何とかしたいと思うこと、難しいけれどやってみたいと思うことは何ですか?」
徳田太郎「〈社会〉をファシリテーションするって?」
浦山絵里「幸せって、なんですか?」
森雅浩「いい大人にとって“夢”ってなんだろう?」


時間を区切って、2つの分科会に参加できる形で実施したのですが、どれも興味深いテーマで、みなさんかなり悩みながら選ばれていた様子でした。分科会1セッションは30分。あっという間の時間ではありましたが、その中でまた新たな気づきが生まれたようです。
オンラインでは、自分が選んだところ以外の分科会の様子が見えない、というのが残念な点ではありますが、その分、終えた時のみなさんの表情から、充実した時間であったのだろうと想像が膨らみました!
最後は、今日の時間をふりかえり、共有して終了。
その後の「お茶べり会」にも多くの方が参加してくださり、とっても賑わいました!

コロナ禍というかつてない先の見えない状況の中でも、
人と集まって、問い合って、想いを伝え合える場は
やっぱり心地よくて、エネルギーを受け取ることができる。

普段は忘れかけているつながりを実感したり、
見過ごしていた自分の思いに気付いたり、
自分たちが秘めている大きな可能性を感じられたり。

集いあい、問いあうことから、あらゆることが動き始めて、広がっていく。
どんな状況であろうとも、変わらない大切なことを、
今一度このBe-Nature Schoolの場で、
みなさんと共感できた時間になったと思います。

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!
そしてまたこれからも、よろしくお願いいたします。

事務局 後藤

2020年9月19日、9月29日・30日、10月11日に
「ファシリテーション講座 企画・実践コース」が開催されました!

例年、座学・個別相談会・合宿、という流れで実施していたのですが、
今年はこれを、すべてオンラインで実施!

対面・室内での講座が難しい状況になってから、
Be-Nature School 講師のちびまり・うらりんが中心となって開発に取り組み、
講師陣・Be-Nature SchoolのOBOGの多大なる協力のもと、
オンラインでの『企画・実践コース』が実現しました。

ご協力いただいたみなさまには、心より感謝申し上げます。

オンラインでの開催ということで、
北は北海道、南は広島と、全国各地からの受講生が集まりました。
これまであきらめていた講座に参加できて本当に嬉しい!という声も♪
会えない分、講座参加グッズを事前郵送しました!

9月19日、顔合わせとなる座学での講座。
ちゃんと接続できるかな・・・という最初のハードルにドキドキしながらも、
みなさん無事に集まって、講座をスタートできました!

一緒に講座を受けている!という意識を高めたくて、
今回のためにBe-Nature Schoolオリジナルコースターも作成!
みんなで手元に置いて講座を受けました。

9月29日・30日は、ここまでに自分が考えてきたプログラムについての相談会。
限られた時間内ではありますが、講師から直接アドバイスを受ける非常に重要な機会!
終了後はZoomでのブレイクアウトルームづくりの練習もしました。

そして、最終日は10月11日の『トライアル実践会&フィードバック』
合宿で行ってきたプログラムを1日の実践会にぎゅっと濃縮し、
参加者それぞれのプログラムの実践と、フィードバックを行いました!
最初はみなさん緊張感たっぷりでしたが、自身のプログラムを実施したり、
仲間のプログラムを体験してフィードバックをしたりする中で、
オンライン上でも場の温度が高まっているのを感じました。

ネット接続などの不具合がありながらも、全員無事に実践!!
やりきったあとの受講生のみなさんの表情からは、大きな達成感を感じました!
想いを乗せたプログラムづくりそのものにも多くのエネルギーを注ぎながら、
同時にオンライン対応への準備が大変だった部分もあったと思いますが、
その分やりきった喜びはひとしおだったのではないでしょうか。
運営側にとっても、ワークショップの持つ力を再確認できた機会となりました。

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!!
ぜひ、今回の学びを、各々の現場につなげていってください!

おまけ 懇親会にも沢山ご参加いただきました〜!カンバイ〜!

アイスブレークがアイスメイクにならなくてよかった~。

「1軒目スナックびぃ online vol.1  ~オンライン アイスブレーク体感Night~」を先週金曜日に開催しました。

スタッフ含め12名で、オンラインでのアイスブレイクネタを、
飲みながら食べながら、わいわいとやりました。

実際にやったアイスブレイクネタは、
●後出しじゃんけん
●ジェスチャーしりとり
●みんなで一つの絵を作ろう
●連あて
の4つ。

下の写真は、「白くて美味しいモノと言えば・・・」というお題で
全員がイメージするものを一致させようというもの。

「せーの」で自分が書いた紙を出すのは、
テレビのクイズ番組さながらで、結構テンションがあがるものです。
12名でもイメージがばらつくものですね~。

そしてこちらのカラフルな絵(?)の写真は、
「みんなで一つの絵を作ろう」で「お城」を書いたもの。

Zoomのホワイトボード機能を使い、一人20秒の持ち時間で順番に
書いていったのですがこれがめちゃくちゃ面白い!

「お城」と聞いて、連想するものがそれぞれ違う中、
書かれていくものを見ながら、想像し、さらに自分が書きたしていく。
妙な一体感があり、想像以上に盛り上がりました。

この他、ジェスチャーしりとりでは、必死にジェスチャーをするあまり
気が付けば「ん」がついていたり、
全く意味不明なジェスチャーでみんなを困らせたり・・・。

オンラインならではの盛り上がり方があるんだなと思いました。

参加してくださったみなさんが、ここでのネタをどこかで
使ってくだされば、この企画の本望です!

そんな感じで1回目のスナックびぃonlineは無事終了しましたが
2回目以降の開催は現在検討中です。

早く、生のスナックをしたい!という気持ちもありますが
もうしばらくはonlineかな~。

開催決定次第、告知します!

ゲストハウスとは毎日やってる非構成的ワークショップか?

 
鎌倉駅から路線バスで15分ぐらい。そこから徒歩3分の案内に従って鎌倉ゲストハウスを探す。
しかし、鎌倉と言ってもアパートだらけでなんの特徴もない、
単に駅から遠い不便な住宅地である。別にこの川にも風情はまったくない。

 


左の階段を上がっていくと奥にエントランスがある。
手前に並ぶのはレンタサイクル。建物は確かに渋い。
ウエブでこのエントランスが動画でえらく素敵に表現されていたのを思いだし、
つくづくウエブは大事である事を再確認。


宿泊者全員の名前が記載される共有スペースのホワイトボード。
チェックインまでは○○様だが、入室するとスタッフに「なんと呼ばれたいですか?」と聞かれ、
泊まる部屋、ニックネームとチェックアウト日が記される。


男性用ドミトリーの様子。
ひと通り中を案内してもらい使用のルールを教わったら、まずは自分の寝床をつくる。
まあ、早めにテントを設営しておくキャンプの段取りといっしょといった感じか。


彼が、このゲストハウスのマネージャー、Junさん35歳。現役リアル旅人だ。
ゲストハウスとはなんぞやを視察に来ました、とチェックイン時に伝えたら
「じゃ、お茶でも飲みながら話しましょうか」となり、こたつで1時間ぐらい話した。


ゲストハウスと言えば、共有キッチン。
調理器具や食器が充実し、清潔で使いやすく収納されていて好感度高し。
料理をしているのはお客さんじゃなくてスタッフの一人。
アジを串刺しにして囲炉裏で焼くとのこと。1尾¥400なり。


自慢の囲炉裏と焼けるのをまつアジの串焼き。
結局この日は串焼きを食した客は自分一人だけだった。
昨晩はきっと大勢がこの囲炉裏を囲んでいたんだろうなと想像する。


本日宿泊の方々一部とスタッフ(左側)でこたつを囲む。
右側の女性が1ヶ月半逗留のチカさん。
正面はいつかは鎌倉に住みたい関西の公務員。
今日はしっとりとお話ができてよい、と連泊のおふたり。消灯の12時まで楽しくすごす。


スタッフが一緒に朝食を食べるの図。
共有スペースと彼らの生活スペースが混在しているのが,ゲストハウスならではか。
お客はパンをつまんでいたり、出かけていたり。
ちゃんと食べてたのはスタッフだけだった。

ゲストハウスするなら鎌倉でしょ、と思って検索して出てきたのがその名もズバリの「鎌倉ゲストハウス」。10年前から営業するゲストハウス界の老舗らしく、ここから巣立ったスタッフがオープンさせたゲストハウスが日本に何軒もあるらしい。

しかし、スタッフは大変だなぁと感じました。

Be-Nature Schoolの屋久島リトリートは最長4泊5日で、その間、参加者さんと毎晩一緒に過ごすわけですが、それを毎日やってる感じなのかなと思いました。しかも毎日違う人と。

但し彼らはフィールドをガイドするわけでもなく、ワークショプをするわけではないので、お客さんとの密度やかかわり方は違います。でも、人が関わることで生まれる「場づくり」をしているのは、僕らの仕事と同じだな、こうゆうアプローチもあるんだなというのが率直な感想です。ある意味、このゲストハウス自体が非構成的なワークショップを毎日やっているみたいなものにも思えました。

鎌倉ゲストハウス

『スタッフの姿勢がゲストハウスの個性を決める?』

真鶴とはうって変わって、観光都市・京都にある「しづやKYOTO」に泊まってみた。京都駅から徒歩10分と立地もいい。玄関の照明具合が洒落てて、インスタ映えしそう。(実際、インスタにこの玄関がよくアップされている。)
楽しみにしていたドミトリーの部屋へ。どんな人が同じ部屋にいるのかな〜とわくわくしてたが・・・誰1人部屋に訪れることはなく、4人部屋を貸し切らせていただいた。(平日だったからかも)なんか嫌な予感が・・・
晩ご飯は同じ敷地内にあるカレー屋さん。場所を貸して別の人がやっているらしい。宿泊者限定のしづやセット(お好きなカレー+唐揚げ+サラダ)をいただきました。スパイスが効いていて美味しかった〜!
電気ポットとフリードリンクが自由に飲めるのはいい!ドミトリーの部屋には持っていけないので、共有スペースで、多分10杯以上は飲んだ。おかげでトイレも沢山使わせていただいた。
嫌な予感は的中。個室もあるので、個室宿泊している人が来るかな〜と思って、共有スペースに主のように何時間も居座っていたのですが誰も訪れることはなく寂しい、悲しい夜となってしまった。
朝食の食パンは無くなり次第終了だということだったが、余裕で残っていた。沢山の宿泊者がいたらパン争奪戦とかになるのかな〜とか思いながら、1人朝食。(寂しい)ゲストハウスって朝食とかの提供はないものだと思っていたのだが、あるところの方が多いのかな?

ドミトリーがあって、真鶴とは違うタイプのゲストハウスにも行ってみたいと思って選んだ京都のゲストハウス。一番違ったのは立地や施設ではなくて、スタッフのお客さんとの接し方だった。真鶴ではスタッフの方が宿泊者と関わりたい!という姿勢を感じたけれど、正直、京都ではそれがあまり感じられなかった。自分から話しかけないとスタッフは対応してくれない。もしかしたらこれは、観光地の京都と、程よい田舎の真鶴という、立地の違いなのか?それとも経営方針なのか?ビーネイチャーでゲストハウスをするならば、スタッフも宿泊者と関わりたいという姿勢は持っておきたいなと思った。

※ドミトリー:相部屋を前提とした部屋のこと

〈しづやkyoto:https://www.shizuya-kyoto.com/