from BNS

from BeNature Schoolでは、プログラムの報告や事務局からのインフォメーションなどをお知らせします。

9/12(日)に、ファシリテーション スキル講座を満員御礼で開催しました!!ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

9:00〜17:00と、1日がかりのスキル講座。午前中は、ワークショップにどっぷりと参加し、お昼休憩のあとから、ふりかえりの時間、そしてスキルの解説、という3部構成にて進んでいきました〜!

ご参加いただいたみなさまから事後アンケートでいただいた声をご紹介します♪

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

【第1部 ワークショップ体験】
■全体を通して場、参加者の安心感が保てるような細やかな配慮がされていたなと感じた。各所の言葉がけや、気づきを振り返ると安心して発言できることや、肩の力が抜ける事につながっていたことが多いなと思った。
■初対面の人と話すのは緊張するが、グループサイズを変えることにより、内容が深まっていくのを感じた。
■自分が体験すると、実際に使うときのイメージがしやすくなったり、実感があるので実践へのハードルが下がったりしてよかった。聞き一手の講座ではなく、他の人との交流からの学びも多かった。最初に、いちWS参加者として楽しむ・少し観察、というポイントを教えてもらったので、より有効に午前中の体験から気づきを得ることができたと感じている。

【第2部 ふりかえり】
■しっかり振り返る時間を確保されている点が素晴らしく、振り返りの時間の有用性について体感的に理解することができた。
■他の人の言葉を聞きながら、思い出して話したくなったこともあった。相互作用だなと思った。
■初対面にも関わらず、共通課題を共有したことで、同志として、素直に、深く話しができた。

【第3部 スキル解説】
■事前資料もいただいていて、とてもわかりやすい内容だった。講座冒頭で自分の問題点を意識化していたため、とくに集中して聞くところを自覚して知ることができてよかった。
■用意されて体験させていただいた内容の理由を具体的に解説されたので、体験で楽しみ、その後理解が深まってよかった。
■この時間には、参加者が「仲間」になっていて、「うわっ!チャレンジだなぁ。。。」と思う実習も一緒に飛び込んでいく感覚になっていた。
■体験をふりかえることで、ファシリテーションの技法だけを聞くよりも、より深く理解することができた気がする。

【講師・事務局の雰囲気について】
■zoomに入った瞬間に名前を読んでもらって受け入れてもらえたことがとても安心につながった。ブレイクアウトルームの出入りの際も温かく声をかけてもらえることで場に安心感を持てた。また、質問にも具体的に応えていただき知識も整理することもでき、満足感を感じている。
■ずっと明るく優しい雰囲気で迎えてくれて、ありがたかった。楽しく、前のめめりに学ぼう!という気持ちで1日通して過ごすことができた。私も声かけのバリエーションを増えやしたいなと思った。
■スタート時はやや緊張していたが、すっかりリラックスでき、1日という長丁場も最後まで楽しく参加できた。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

オンラインでの長時間の講座は、なかなかに疲れもたまってきますが、楽しく、お互いを笑顔で鼓舞しながら、チーム感を持って学んでいけた気がします。

いただいた声からも、参加してくださったみなさんの充実感が伝わってきて嬉しく思います!どうか、みなさまの現場で活用していただき、現場がもっとよくなっていきますように。その場づくりの一歩を、応援し続けていけたらと思います〜!

2021.08.20from BNS, コラム

大規模な水害が続いています。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申しあげます。

さらに拡大する新型コロナウイルス感染。いつ起きてもおかしくない大地震。世界に目を向ければ止まらない山火事。小笠原周辺では海底火山の噴火。

温暖化に怒った地球の復讐?そうかも知れません。でも、人類は太古の昔から災害と共に生きてきた側面もあると思います。

『一万年の旅路』という本があります。朝鮮半島の麓に住む一族が、天変地異で長老を失い、残された者が協力してベーリング海峡をわたり、アメリカ五大湖のほとりに定住するまでの出来事を、一万年間語り継いできた口承伝です。

つらい出来事に遭遇しながら、一族はいつも「そこからあなたは何を学びましたか?」と問い合っていたと言います。そして発明したのが「節度ある話し合い」。長老はいない、自分達で行き先やこれからを決めないといけない。だから話し合って決める。

自分の勝手な仮説ですが、この「節度ある話し合い」は、現在のファシリテーションの原型なんじゃないかと思っています。多分、技術があったはずです。

正解がわからない先の見えない不安な時代。だからこそ「集い合い」「問い合い」「節度ある話し合い」を重ねる必要がある、と思います。分断を乗り越えて。

【森 雅浩】

誠に勝手ながら、2021/8/12(木)-2018/8/16(月)の間、
事務局は夏期休業とさせていただきます。
この間に事務局宛にいただいたお電話やメール・FAX等については、
8/17(火)以降順次お返事いたします。
なお、現在申込受付中のプログラムについては
ウェブページ https://be-nature.jp/ よりご確認ください。

Be-Nature School 事務局

7/14(水)、初開催の『オンラインの場づくり体験会』、
満員御礼で開催しました〜!

「オンライン」での場づくりが選択肢の一つになって、
もう1年半くらいが経過しましたが、体験会では、
この期間で体験して得てきたノウハウや工夫をみなさんと共有し、
実際にそれぞれにホスト体験をしていただく時間を過ごしました!

「あたらめてZoomの機能を再確認したい」
「ホストをやる予定で、ブレイクアウトルームを活用する練習をしておきたい」
「新しい機能の使い方がわからないからやってみたい」
などなどの思いをお持ちの方々にご参加いただきました!

少人数6人での場で、各々がトライしたことから、
いろんなパターンが生まれました!やってみてわかったこともたくさん!!
まさに “お互いから・体験から” 学ぶ時間となりました〜◎

最後は横タッチで終了〜♪
ご参加いただたみなさま、本当にありがとうございました!!

次回は7/28(水)ですが、こちらもありがたいことに満員御礼となりました◎
また改めて企画したいと思いますので、参加したかった〜という方は、
次を待っていていただければと思います!
「こんなことをやってほしい!」というリクエストも、
ぜひお待ちしております。

講座じゃなくて、『ワークショップ』です。

改めて、これをはじめます。
時代の状況を受けて、まずは、オンラインです。

参加・体験・相互作用がワークショップの三大特徴。その場での対話から気づきを得たり、エンパワーしあったり、そして参加したひとり一人が次の一歩や半歩を踏み出す元気と勇気を手にいれる。そんな参加型の場です。

テーマは様々ですが、基本は同じです。
「 Be-Nature = 自然であること」です。

1996年4月にスタートしたBASICコースは「自然のこころに触れて自然な自分に出会う」をテーマにした1年間のワークショップコースでした。その会場は、レクチャールームや雑木林・田畑、プールや海・島・雪原など多岐にわたり、内容も幅広いもので、Be-Nature Schoolの原点です。

翻って現在ですが、昨年からのコロナ禍を受け、フィールドプログラムは全て中止し、ファシリテーション講座のみをオンライン化して実施しています。

今年は実はBe-Nature Schoolは25周年。だから、もの凄く不完全なカタチで25周年を迎えることになってしまいました。早くもコロナ禍1年半。そろそろ次への道を歩きはじめようと思っています。

昔にはもう戻らないですが、原点は大事にしたいなと思っています。まずはオンラインでワークショプを提供するところからはじめます。ファシリテーションを学ぶ講座ではなくて、ワークショプです。まだ、全体のラインナップや構想が出来ているわけではありません。やりながら考えます。

もちろん、ファシリテーション講座オンラインもちゃんとやります。
第一弾は今月7/31です。是非、おたのしみに!

Be-Nature School 代表 森雅浩

▼詳細はこちら
https://benature036.peatix.com/