from BNS

from BeNature Schoolでは、プログラムの報告や事務局からのインフォメーションなどをお知らせします。

2014.09.08from BNS, 更新情報

kinomi-700-291
自然派女子のための小さな旅「木の実を拾って木の実を食す」募集開始しました。
秋の一日に、食べられる木の実を探しにいきます。神奈川県藤野の里山を歩く、日帰りの小さな旅です。どうぞご参加ください!

板書1
2014年8月30日(土)、恵比寿のセミナールームにて「ファシリテーション特別講座 ゼロからはじめる板書」が行われました。講師は大枝奈美、昨年好評をいただいた講座の第2回目です。
教育関係、企業勤務、大学生、セミナー講師などさまざまな立場の8名の方々が、ご参加くださいました。

苦手な板書を克服したいという方や、ファシリテーション・スキルをより向上させたいいう方、前にファシリテーション・グラフィックを見て、かっこいいな、あんな風に書けるようになりたいなと思った、など受講の動機も様々です。

講座を終えて、以下のような感想をいただきました。

  • 早速、会社の会議で使ってみたい。
  • 板書はただのメモではなく、話し合いを上手く進めるための重要なファシリテーション・スキルの一つだということを実感した。
  • マジックの使い方や文字の書き方など具体的で細かな指導と練習ができてよかった。
  • ホワイトボードをミーティングの場で積極的に使おうと思う。
  • 基礎、基本から教えていただき、次の話し合いで書きたくなる気持ちが生まれました。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。
次回ファシリテーション特別講座は、10月26日(日)大阪にて、中野民夫さんを講師に迎えて開催の予定です。詳細は9月半ばにWebサイトにアップします。どうぞお楽しみに。
[帰山]

レポート用写真
2014年8月28日(木)、恵比寿のセミナールームにて「ファシリテーション講座 入門セミナー」が行なわれました。
今回は、北海道や京都など遠方からのご参加もあり、職業も年齢も様々な男女16名でのセミナー開催となりました。ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

参加された方からの感想です。
・ファシリテーションについての全体像を把握することができた。
・ファシリテーションについての知識が深まった。
・もっと学びたいと思いました。
・明日から使えそうなスキルを知ることができた。
・研修や講座の運営に活用できそうです。
・これからのあらゆる場面で使えそうだと思いました。
・非常に有意義な時間でした。
・時間があっという間に過ぎました。そう思えるほど色々な仕掛けがあったのだと感じています。

次回の「ファシリテーション講座 入門セミナー」は、10月7日(火)の開催を予定しています。

[安西]

2014.08.25from BNS, 更新情報

hashiya-700-291
平日の夜、ビーネイチャールームにてお料理とお酒とともに楽しむ、木風舎の橋谷さんのトークです。
どうぞご参加ください。

写真

フィールドへのアプローチもまた楽し。期待感が高まります。

2014年8月23日(土)「高尾の隠された森林を見て感じて考える〜自然の要素を活用する3つのステップ」が開催されました。

なんというか、すごく良い時間を過ごすことができました。皆さん、すごく喜んでくれたみたいです。嬉しかった。ありがとう!

そして、フィールドの「高尾100年の森」を使わせてくれた佐川急便さん、その場を管理しているNPOの岩本さん、柴田さん、ありがとうございました。ご縁をつないでくれた奇二正彦さんには、感謝・感謝です。

夏の終わりの隠された森林は、木々や虫や、姿は見せないけどそこに確実にいる動物たちと、同じ地球に生きていることの幸せを実感させてくれる、最上の場所でした。

まずはインタープリターの奇二正彦さんのガイドでこの森林の魅力を探っていきます。プロと一緒に歩く、それはすなわち自分がプロの目を持つということ。知らぬ間に自然を「観る目」が備わってきます。

午後は改めてこのフィールドの魅力を各自の視点で探り、自分なりのプログラムを考える時間。
皆さんには「自然の要素を活用する3つのステップ」で、プログラムのプランニングができるワークシートをお配りし、それを使ってもらいます。

いろんな質問や、アイデアがあふれ出ました。環境教育とか、インタープリテーションとか、ファシリテーションという言葉も飛び交いましたが、本当に大切なのは、この森林の中で過ごす幸せで満ちたりた感覚を、自分自身がしっかりと感じること。
それこそが、いま正に貴重なことなんだ、と改めて思いました。
【森 雅浩】

写真

看板が森林の入り口でお出迎え

DSC07935

ガイドウォークの前にチューニング

写真

起伏のあるルートもまたよし

写真

昼寝?いえプランニング中です。

写真

自分で考えたフィールドプログラムのプランを分かち合います

写真

参加者がプログラムをリードする時間。何か発見?

20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »