プログラムレポート

2019/6/1-2「志村季世恵のDAIVE INTO FOREST」Report

2019.06.17

【志村季世恵のDAIVE INTO FOREST】が2019年6月1日(土)〜2日(日)群馬県玉原高原で行なわれました。

今回のプログラムでとにかく印象に残ったのは、ハルゼミの大合唱。森に近づくと、音のシャワーが全身に降り注ぎ、春の森のエネルギーがビンビン伝わってきます。

そして、志村季世恵さんの皆を森に導くリードの素晴らしさ。グループ全体をファシリテートしながら、ひとり一人の様子にしっかりと気配りをして、絶妙のタイミングで声をかけたり、アクティビティーを繰り出したりと、さすがだなー、と改めて思いました。

タイトルの「DAIVE INTO FOREST」の名のとおり、美しいブナの森に、本当にしっかりと潜った二日間でした。

【森 雅浩】

初日ランチはお握りのお弁当。ペンションの庭には太陽の光も注ぎ、なんだかそれだけでしあわせ気分。

 

森の中にはいろいろなものが沢山。ちょっと注意深く森の中を見てもらうためのヒントを提供しました。みなもの凄くゆっくりと歩いて、上を見たり下を見たりして様々な発見をしてくれました。

 

よく見るといたるところにハルゼミの抜け殻が。おっとここには抜け出た蝉がそのままとまっています。もの凄い数のハルゼミが森にはいるんですね。

 

森の中のソロタイムでは好きな場所で森にたたずみます。木の間に身体をあずけて昼寝を決め込む人も。すごい。

 

ブナ原生林の中に点在するトチノキの巨木も存在感を発揮しています。

 

ペンションの裏庭で枝を拾って焚き火を熾しお茶をのむ。これも贅沢な森との付き合いかたです。

 

なにやら、木と交信しているような季世恵さん。なに話してるんでしょうかね?

 

まだ、淡い色の新緑が、私たちを優しく迎え入れてくれました。ありがとう!玉原の森よ!

 
 
 


ピックアッププログラム