プログラムレポート

2018/4/15「長野修平の野草料理術〜野草イタリアンとカッティングボード作り」Report

2018.04.23

【長野修平の野草料理術〜野草イタリアンとカッティングボード作り】が、2018年4月15日(日)、神奈川県相模原市で開催されました。講師はネイチャークラフト作家の長野修平さん。ディレクターは帖佐仁美です。

場所は今回の講師でもある、ネイチャークラフト作家の長野修平さんのアトリエ兼自宅で行われます。手作りの建物で、外観から内観まで木の温もりを感じる落ち着きのある素敵な空間でした。

まずは、アトリエの裏山で摘んで乾燥して出来た『ヨモギ茶』で参加者12名様をウェルカム!ヨモギの香りがとてもよく心も身体もホッと落ち着きます。

全員が集まったところでスタッフや長野さんのご家族も含めて、簡単な自己紹介から始まりました。

天気予報で言われていた春の嵐はどこかへいってしまい、晴れ間の見える空の下でカッティングボードづくりが始まりました。

ボード選びでは、何の木のどのくらいの厚さのものにするのか悩む参加者の皆さん。長野さんとも相談しつつ出来上がった後の使い道も考えながらボードを選んでいる様子が見られました。

長野さんよりひとつひとつ丁寧に作り方のレクチャーを聞き、それぞれが落ち着く場所で自分のペースでカッティングボードづくりを進めていきます。

お腹も空いてきたところで、一人一人かごをもってアトリエの裏山に野草摘みへ。

裏山にはタンポポの葉っぱやヨモギ、山椒、スギナなど沢山の野草にあふれていました。

参加者の皆さんは夢中になって、野草を摘んでおられました。

●昼食のメニュー

野草パスタ〜ぺぺロンチーノ風

野草トッピングピザ

長野さん特製のベーコン

色とりどりの野草入りサラダ

 

摘んだばかりのみずみずしさや香りがきいたパスタやピザはどれも絶品!
長野さんがつくるとさらに美味しさ倍増です!

ゆっくりと昼食を終えたあとは、続きのカッティングボードづくりへ
カッティングボードづくりは、その日のうちに出来上がらなくても家に持ち帰って、
カッティングボードの続きをする方もいれば、裏山へ行って昼寝をする方もいたりとそれぞれの時間を楽しんでいました。

ひとりひとりのカッティングボードを並べてみると、それぞれのこだわりが詰まっていてとても素敵なものが出来ました。

これからたくさん使い込んで、さらに味のあるカッティングボードになっていくのが楽しみですね。

今回も、長野さんの魅力がたくさん詰まったプログラムとなりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

【堀家 綾乃】


ピックアッププログラム