Be-Nature School ファシリテーション講座 TALK LIVE オンライン -vol.5- 安心な場って、なんだろう?(終了)

日程:2021/3/12 (金)19:30 - 20:45
場所:オンライン ※ Zoomを使用します
講師:大枝奈美 聞き手:森雅浩
定員:47名 参加費:750円
もっと見る

Be-Nature School ファシリテーション講座
- TALK LIVE オンライン vol.5 -

安心な場って、なんだろう?
~ どうすれば “それ” は生まれるのか ~

お互いの意見を活発に交わし、創造的な成果を生み出すためには、まず、参加メンバー全員がその場を「安心」だと感じ、自由に発言できる環境になっていることが大切ですよね。でも、それがなかなか難しい。例えば、同じ組織内での会議であれば、つねに自分が評価される気になってしまったり、知らない者同士であれば遠慮が先に立ってしまったりして、なかなか「安心」だとは思えない、ということは多いと思います。さらに昨今のオンラインでの場に関しては、空気感が共有しづらい、表情がつかみにくいなど、新たな課題も生まれています。

今回のゲスト・大枝奈美さんはファシリテーターとして活動するとき、この「安心」をつねに意識して場づくりをしているといいます。では、ファシリテーターはどう振る舞えば安心な場を生み出せるのでしょうか?そもそも安心な場ってどんな場なんだろう?などなど。安心を切り口にファシリテーションを語り合っていきたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●ゲスト 大枝奈美 からのメッセージ

『安心な場』とはどんな場なのでしょうか。どうしてそれを作るのは難しいと思うのでしょうか。ファシリテーターは安心な場をどんな場だと思って用意するのでしょうか。私が思う『安心な場』とはどんな場なのか、安心な場のために気をつけていること、など、お話しできる時間になればいいな、と思っております。合わせて、どうして私がそう思うに至ったのかなども少しお伝えできて、みなさんの参考になることがあればいいな、と思います。

●講師プロフィール

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●日 程:2021年3月12日(金)
●会 場:オンライン※ZOOMを使用します
●時 間:19:30〜20:45
●ゲスト:大枝 奈美
●聞き手:森 雅浩
●定 員:47名
●参加費:¥750
●締 切:2021年3月12日 16:00(定員になり次第募集終了)
※当日3月12日 17:00までに、参加用のZoom URLをメールにてお送りいたします。
※前日および当日のキャンセルは、参加費の全額をキャンセル料としていただきます。

※Peatixによるお申し込みが難しい方は、事務局までご連絡ください。
電話:03-6450-6481 メール:letit@be-nature.jp

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●進行(予定)
・オリエンテーション
・大枝奈美はなぜファシリテーションするのか?
・安心な場を生み出すためにできることとは?
・質問セッション
・クロージング

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●講師プロフィール

大枝奈美
Be-Nature Schoolファシリテーション講座 講師

栃木県生まれ。図書館情報大学(現:筑波大学情報学群)卒

図書館司書・博物館学芸員。13年間のシステムエンジニアを経てファシリテーターを天職とする。地域活動や町づくりの分野を中心に、子どもからシニアまで幅広い年代を対象にワークショップや講座等を数多く手がけている。行政の総合計画策定委員や行財政改革委員、商業ビジョン策定委員等を歴任。プライベートでは保育園や小学校のPTA役員なども務めた。

年間20試合以上足を運ぶ、川崎フロンターレサポーター。

共著:「ファシリテーション 〜 実践から学ぶスキルとこころ」2009年 岩波書店 、「科学を伝え、社会とつなぐ サイエンスコミュニケーションのはじめかた」独立行政法人 国立科学博物館 (編集) 2017年 丸善出版、など

講師紹介動画

●ファシリテーションとは(Be-Nature Schoolホームページより)

“ファシリテーション” とは「促進する「助長する」「(事を)容易にする」 「楽にする」という意味の英語「ファシリテート」(facilitate)の名詞形です。人が集って何かをしようとする時、どうしたらお互いに活かし合い、創造的な成果に結びつけることができるだろう。そんな問いに答えるのが「ファシリテーション」という技法です。