志村季世恵のDIVE INTO FOREST

新しい森の雫を心と体に
日程:2019年6月1日(土)-2日(日)
場所:群馬県玉原高原
講師:志村季世恵、森 雅浩
定員:16名
志村季世恵のDIVE INTO FOREST
参加費35,000円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 申し込み終了
このプログラムについて問い合わせる

ブナの森の力を借りて心や五感を全開にし、すっぴんの自分を好きになって、この世界をもっと愛せるようになるための2日間。

忙しくていろいろな事に追われていると、なんだか自分がいやな人間になってしまった様に感じることってないですか。身近な家族や仕事の仲間ともホントはもっと優しい気持ちで接したいのに、なかなかニュートラルな自分をキープできなかったりするものです。
そんなときに大切なのは自分自身をもっと許してあげること。そうはいっても大人になってしまった自分を甘えさせてくれる人はそういませんよね。

でも玉原高原のブナの森は違います。いつ行っても全てを受け入れてくるような、そんな不思議な優しさに満ちた森です。その森は会場のペンションからすこし歩いただけで、訪ねていける特別な場所。ブナやトチの巨樹が広がる原生の森です。ただよう空気の違いを味わいながらゆっくり歩いたり、木の袂に寄りかかってたたずんでいると、自分の心が解けていき「今、ここ」に生きていることがシンプルに嬉しくなってきます。

そんな森の中に皆さんをお連れするのは志村季世恵さん。彼女の語りかける声が、言葉が、森の中で過ごす時間をさらに深めてくれます。そして安全に安心して森のなかで過ごすために、皆さんをガイドするのはBe-Nature School代表の森 雅浩。

時はまさに新緑の季節。この2人と共に、夏に向けて勢いを増し、溢れ出す木々のエネルギーを全身に浴びてください。

※本企画は一般の方を対象としたワークショップです。治療目的や個別カウンセリングを希望する方は、参加をご遠慮ください。

 

●ワークショプの大まかな流れ

STEP-0:安心の場にチェックインする
STEP-1:【巨樹に出会う】深いところから自分自身をリラックスさせる
STEP-2:【自分に出会う】マキを拾い焚き火を熾し、火との対話で自分を空っぽにします
STEP-3:【自分を解放する】まっくらな夜の森をあるき、身体や意識という境界線を越えていく感覚を味わいます。
STEP-4:【他者と出会う】ともに参加した仲間との対話を通じてお互いの気づきを分かち合います
STEP-5:【再び巨樹に出会う】森に戻り、巨樹との対話を味わいます。

●メッセージ/プロフィール

■講師/志村季世恵からのメッセージ

新しい森の雫を体と心に。

6月の森はみずみずしくって優しい。
緑はますます勢いを増し空と呼応し
川や海に繋がり私たちの体内にある水とも繋がる。

そんな6月の森と出会い身をゆだねてみてください。

自分にとびっきりの時間を。
ブナの森でお待ちしています。

■志村季世恵 プロフィール

バースセラピスト
一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事
こども環境会議 代表
ダイアログ・イン・ザ・ダーク 理事
バースセラピストとして、人の誕生から臨終までを含めた延べ4万人を超えるカウンセリングを行う。
妊婦や子育てに悩む母、心にトラブルを抱える人をメインにカウンセリング。その活動を通し『こども環境会議』を設立。1999年からはダイアログ・イン・ザ・ダーク理事となり、多様性への理解と世の中に対話の必要性を伝えている。また末期がんを患う方へのターミナルケアは独自の手法を以て本人や家族と関わり、その方法は多くの医療者から注目を浴びている。

*主な著書・共著

『さよならの先』(講談社文庫)
『いのちのバトン』(講談社文庫)
『大人のための幸せレッスン』(集英社新書)
『ママ・マインド』(岩崎書店)
『親と子が育てられるとき』(岩波アクティブ新書・内田也哉子共著)
『まっくらな中での対話』(講談社文庫・脳科学者茂木健一郎氏と暗闇での対談)
『自分という自然に出会う』(講談社)

■ディレクター/森 雅浩からのメッセージ


なんと2018年に引き続き、志村季世恵さんとのコラボです。実現して嬉しい!
昨年9月は「インナーダイブ」というタイトルで実施しましたが、今年は「DIVE INTO FOREST」です。インナーダイブに参加してくれた多くの方から「もっと森と過ごす時間が欲しかった」との声をいただきました。季節もこれから夏に向かうエネルギーに満ちた6月初旬ですので、より森とのつながりを感じられる様にプログラムを編成しました。森に潜って、五感を解放し、素の自分を受け入れて世界を愛する人になる。そんな時間になればいいなと思っています。

■森 雅浩 プロフィール

1960年東京郊外生まれ。少年時代は湧き水を眺めるのと、自転車で土手を走り降りるのが好きだった。十年間の会社員生活を経て海洋環境系団体に身を投じ、国際会議のプロデュースを行う。その縁がきっかけでBe-Nature School立ち上げに関わり、以降企画・プロデュースを担当。専門領域はワークショップ(自然体験プログラムから研修まで)の企画運営と、ファシリテーション・参加型の場づくり(少人数から1000人規模まで)。NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)理事。
編著『おとなの自然塾』
共著『ファシリテーション?実践から学ぶスキルとこころ』
著書『田んぼのきもち』

●集合

2019/6/1(土) 10:10上毛高原駅(上越新幹線)集合
※会場〜上毛高原駅はワゴンタクシーとスタッフカーの分乗となります。
※料金は人数に応じた割り勘となります(片道¥1500程度)
※自家用車の方は、ペンション集合となります。

●解散

2019/6/2(日)16:00ごろ 現地解散

●宿泊

ペンション「もるげんろーて」
食事のおいしい、落ち着いたペンションです
※Be-Nature School貸切となっています。
※男女別相部屋となります。

●タイムテーブル(予定)

◆2019/6/1(土)
08:56 東京駅発(とき309号)
10:05 上毛高原発
ワゴンタクシーとスタッフカーで移動
11:00 ペンションもるげんろーて着
オリエンテーション
オープニングセッション
12:00 お握りランチ
13:00 セッション1:【巨樹に出会う】
ブナの森に深く潜る
15:00 セッション2:【自分に出会う】
焚き火(森林キャンプ場にて)
薪を拾う、火をつける、火を見つめる
16:30 宿に戻る
休憩/お風呂
18:15 夕食
19:30 セッション3:【自分を解放する】
ナイトハイク・夜の森にたたずむ。
21:00 終了
懇親会

◆2019/6/2(日)
07:00 早朝散歩
08:00 朝食
09:00 セッション4:【他者と出会う】
お互いのきづきを丁寧に聴き合う。
12:30 ランチ
13:15 セッション5:【再び巨樹に出会う】
再び森に帰り、木々と交感する。
15:00 チェックアウト
15:30 終了〜余韻の時間
16:00 宿出発
17:00 上毛高原駅着
17:14 たにがわ186号発
18:20 東京駅着

※天候その他の要因でプログラム内容が変更になる可能性があります。

●参考アクセス方法・時刻表

往路:東京駅8:52発(上越新幹線とき309)→上毛高原駅10:05着
復路:上毛高原駅17:14発(上越新幹線たにがわ186)→東京駅18:20着

●参加費に含まれるもの

宿泊食費(6/1昼食・夕食、6/2朝食・昼食)、講師料、旅行保険
※以下のものは含まれません
集合場所までの交通費、上毛高原駅〜会場間のタクシー代、夕食時のアルコール飲料


ピックアッププログラム