木の実を拾って食べて、育てる旅

秋の森で、木の実からいのちのつながりを見つける
日程:2016年10月02日(日)10:00-17:00
場所:神奈川県相模原市 藤野町
講師:帖佐仁美
定員:12名
木の実を拾って食べて、育てる旅
参加費7,000円(税込)
(税抜価格:6,481円)
数量
空席状況 申し込み終了
このプログラムについて問い合わせる

森を歩き、どんぐりやクルミなどの木の実を拾い、食べてみます。拾った木の実を植えて持ち帰り育ててみます。いのちを感じる小さな旅です。
子どもの頃はよく集めたドングリなどの木の実ですが、大人になると、あまり目を向けなくなっているのではないでしょうか。このプログラムでは木の実の力をもう一度見つめ直すために、東京近郊の森を歩きます。
何種類かの木の実は、火を入れて食べられるものがあります。少し色づき始めた秋の森へでかけて、実のなる木のことを知りましょう。拾ったクルミは実際にお昼ごはんに活用し、料理して食べてみます。ドングリの味比べをして、食べられる木の実を覚えましょう。

そして木の実は、土に植えれば翌春には芽を出してくれる、いのちの源です。
拾った木の実を、その場で植木鉢に植えて持ち帰ってみましょう。上手に育てるコツをお伝えするので、自宅で育ててみてください。春にはかわいい芽をだします。

講師の帖佐仁美さんは日々植物と向きあって暮らし、自宅では木の実から育てた実生(みしょう)の鉢植えを100鉢以上も育てています。
藤野は、そんな帖佐さんが20年通い続けているフィールドです。雑木の森があって四季折々の自然の魅力があります。木の実にこだわり続けている帖佐さんならではの視点で、森をご案内します。
森の中で木の実を味わってみたときの感動と、日常に戻って植木鉢から芽が出たときの感動を、ぜひ体験してください。

※参加費には、ランチ食材費、植木鉢代、保険料を含みます。現地までの交通費は含まれません。
※お申し込みいただいた方には詳しい情報(服装、持ち物を含む)を送付いたします。
※申込み締切:2016年9月30日(金)15時
【キャンセル待ちでのお申込みも締切いたしました。】

 

 

講師紹介 帖佐仁美

photo-chosa2015実生のものを含め700近くの植物を育てている植物案内人。植物に親しんだり、感性を開いて自然を感じるスクールや、都会空間に自然がある場を開催している。自然のメッセージを親しみやすく人に伝える自然体感ガイド。
グラフィックデザイン、植物の本の編集を経て平成10年から自然学校『Be-Nature School』にて環境教育の自然体験の場『おとなの自然塾』の企画、運営、講師として関わっている。
平成24年より少人数を対象にした自然とつながる自然学校の運営と、植物を育て自然素材を手作りする『Greenfingers』を主宰。自然派カフェ『森の学校』にて植物を販売中。平成26年から都内の花の公園の管理に従事中。社団法人日本環境教育フォーラム認定自然学校ディレクター。
Greenfingers ホームページ
http://www.greenfinger-s.net/

 

<講師からのメッセージ>
森の中で、初めてくるみの木に出逢ったとき、あの硬い殻から想像できない緑色にたわわに実る姿に感動しました。持ち帰って育ててみて、半年たったある日、拾ったクルミの実から緑の芽が出て来たときのこと、その感動は忘れられません。
このプログラムでは、クルミや、ドングリの実を自分の手で拾って、その場で食べて、日常に持ち帰って育ててみる、その感動をぜひ体験してもらいたいと思っています。
ひとつの木の実からつながる森の物語を一緒に感じてつむいでみませんか?

集合・解散

集合: 10:00 JR藤野駅 改札
解散: 17:00 JR藤野駅 改札(予定)

 

主な持ち物、服装

水筒(飲み物)
保険証
★小さな植木鉢持ち帰り用の袋はこちらで用意します

長袖、長ズボン
汚れても良い服装
トレッキングシューズまたは運動靴
デイパック、帽子


ピックアッププログラム