長野修平のアウトドア野草料理術(終了)

フキノトウを摘んで食して春の身体にきりかえる
日程:2015年3月22日(日)
場所:神奈川県相模原市 長野修平アトリエ
講師:長野修平
定員:16名
長野修平のアウトドア野草料理術
参加費10,000円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 申し込み終了
長野修平のアウトドア野草料理術(小学生料金:大人と一緒にお申し込みください)
参加費5,000円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 申し込み終了
このプログラムについて問い合わせる

長野修平さんのアトリエに自生しているフキノトウを自分の手で摘み、野外で料理します。野性味あふれる野草を食べて春の訪れを実感する一日です。

フキノトウと言えば早春に芽吹く野草の代表格で、独特なほろ苦さは新陳代謝を促し冬の間にたまった毒素を排出する効果があると言われています。そんなフキノトウを香り高く新鮮なまま料理へと活かすコツや、翌年まで株を残す野草採取の智慧を学んでください。

この日作るのは、フキノトウの香りとほろ苦さを活かすパスタ2種。フキノトウのスープ、フキノトウのイタリアンサラダ、フキノトウピクルス等、フキノトウづくしで春の恵みを味わいます。そこに自生している野草を自分で採り、その場でさっと調理していただく…食を通して大地とつながる贅沢な機会です。半セルフビルドのアトリエと山の庭も必見。新著『里山ライフのごちそう帖』で紹介された暮らしをリアルに体験しましょう。

※ このプログラムは大人の方を対象にした内容です。お子様同伴をご希望の方には、お子様(小学生:参加費5000円)2名様までを定員とさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

講師プロフィール 長野 修平

 

nagano ネイチャークラフト作家 Nature Works 代表。

Nature Works 主宰。北海道の山菜料理店生れ。枝葉・古材・海の漂着物で生活具を独自に制作。写真、版画、執筆、山菜食も手がける。

八王子陣馬山麓の古民家での暮らしを経て、現在は神奈川県相模原の道志川の畔で手作りの家 「みのむしハウス」に親子4人暮らし。暮らしを自らの手で創り出す豊かさと楽しさを伝え続けている。

最新刊著書に『里山ライフのごちそう帖』

<ナビゲーター帖佐仁美から長野修平氏の紹介>

その土地に自生する命あるものを食べることで、初めて大地とつながる存在になれる。長年のつきあいの中で、長野修平さんから学んだことのひとつです。長野修平さんの暮らしぶりには生きる智慧がつまっています。物作りや料理の抜群のセンスと創意工夫の発想は抜群。里山での暮らしには自然と共に暮らす智慧がたくさん。Be-NatureSchoolがご縁で18年来のおつきあいさせていただいている私にとっては物作りや暮らしの師匠です。今まさに、自然とダイレクトに触れて実践として肌で覚えることが大事だなと感じています。このプログラムは、生きることに直結している「食=野草」ととことん向き合う一日です。

 

集合解散

集合 10:30 長野修平新アトリエ:京王相模原線橋本駅からバス約40分バス停から徒歩10分

解散 16:30 現地解散

※詳しい集合場所詳しい場所はお申し込みの方へご連絡します。

※できるだけ公共機関でお越し下さい。クルマでご参加希望の方はご相談ください(駐車スペースに限りがあります)。

 

当日スケジュール

10:30 集合 オープニング 自己紹介 長野修平さん挨拶

11:00 早速、野草採取、下ごしらえ、焚き火起こし、水くみなど全員で準備から料理に関わる。アウトドア料理

13:00 いただきます!昼食 並行しておやつ作り

15:00 お茶タイム

できあがったおやつとお茶で、ゆっくり過ごす

長野修平さんのお話:長野さんの里山ライフ今後の季節の暮らしの仕事

16:00 クロージング解散

※スケジュールは、天候その他の状況で変更になることがございます

 

主な持ち物、服装

□□お皿  □お椀  □お箸  □スプーン □水筒 □汚れてもいい服装 □木綿素材など火の粉で燃えにくい素材の上着 □運動靴またはトレッキングシューズ □帽子 □保険証

※お申し込みいただいた方には詳しい情報(服装、持ち物を含む)を送付いたします。


ピックアッププログラム