プログラムレポート

ファシリテーション講座の「企画・実践コース」の最大の特長は、実践合宿です。丸1日かけてプログラムデザインのコツとノウハウを学び、講師との個別相談会を経て、いざ合宿会場の清里へ。まだまだ雪が残る3月第1週の土日(3日4日)でしたが、皆の沸き上がるエネルギーで、帰るころには大分雪が溶けました。
自ら企画したオリジナルの自分のワークショップをファシリテートし、他の受講生が実施する様々なワークショップに参加し、フィードバックを送りあうこの合宿。もの凄く濃厚で貴重な時間が流れていく2日間です。
今回、少人数ではありましたが、色々なタイプのワークショップが飛び出してきて、ものすごく面白かった!やはり、合宿はいいなぁと改めて感慨をかみしめました。
来年の2~3月にまたやります。ご参加お待ちしています!

清里駅から会場までは歩きます

緊張の実践WS順番決め!

OBが野外でのワークショップをファシリテート

扇型でスタート。緊張が伝わってきます。

グループワークもありました。

早朝散歩は爽やかで美しかった〜

これから何が始まるか?みな注目の一瞬

全員がやり遂げた!ここから本当の実践が始まります!

【森 雅浩】


2018年3月7日(水)、恵比寿のセミナールームにて「ファシリテーション講座 入門セミナー」が行なわれました。
今回は、ビジネスや教育現場、地域活動、医療・福祉、環境・自然、学習・趣味などの分野でファシリテーションを活かしたいという16名の方々がご参加くださいました。

参加された方からの感想をお送りします。

・ファシリテーションという概念が明確になりました。
・和やかな雰囲気の中、あっという間の時間でした。
・自分と全く違った分野の方と話すことが新鮮で話し方も勉強になりました。
・体験が充実しており、講座の組み立てがよかった。
・場づくりの大切さを知りました。
・とても楽しく勉強になりました。今後に活かしていきたいと思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回の「ファシリテーション講座 入門セミナー」は、4月16日(月)の開催を予定しています。

[事務局 安西]