プログラムレポート

0409入門
2014年4月9日(水)、恵比寿のセミナールームにて「ファシリテーション講座 入門セミナー」が行なわれました。
今回の参加者は、職業も年齢も様々な方々。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

参加された方からの感想をお送りします。
・仕事において、友人関係において、様々な場面で役立ちそう。
・周りとのコミュニケーションを円滑にするためにも学ぶとよいと思った。
・ファシリテーターは、誰でもがなれて、また、必要なのだと思った。
・職場での会議、研修やワークショップなどに活かしたい。
・参加型、体験型のセミナーで良かった。
・入門セミナーを受講して、さらに深めたいと思った。

次回の「ファシリテーション講座 入門セミナー」は、5月8日(木)の開催を予定しています。
ご興味のある方はどうぞご参加ください。

[安西]


1

正に桃源郷

2014年3月22日(土)-3月25日(火)「ファシリテーション講座 屋久島特別コース」が行なわれました。

特別な時間、特別な場所、はじめてあったのに昔から知っているような仲間。すべてが満ち足りた3泊4日だったと思います。

何度か実施しているこの屋久島コースですが、じつは今回は結構緊張して迎えたんですよね。

自分自身が会社の引越だので直前まで落ち着つかなかったり、会場の「本然庵」家主の中野民夫さんが参加者と同じタイミングの屋久島入りなので事前準備が自分一人だったりしたので。

でも、フェリーやジェット船、飛行機など、様々な方法で屋久島に入ったメンバーが揃ったとき、すでに完璧な時は屋久島が準備してくれた、と思いました。

森を丁寧に歩き、地元の温泉におっちゃん・おばちゃんと一緒に入り、うまい刺身を食べて、仲間と語り合う中で、じぶんも含め皆のモードが変わって行くのが分かります。

それは何かを身につけていくと言うより、よけいな物をそぎ落としていく感覚に近いでしょうか。

日常生活は面倒だったり、大変だったり、いろいろあるのだけれど、まあ戻ってからもしっかりやっていこう。だって自分自身が選んだ道なんだもの、って感じです。

京都で至福の追求をしている民ちゃんこと中野さんは超元気で、いい味だしてました。そこに参加メンバーの個性が加わり、すべてを屋久島という特別ファシリテーターがうまく進めてくれた、そんなツアーでした。

ちなみに、この屋久島コース、来年度は未定ですが、どうも実施できそうです。決まり次第報告しますので、お楽しみに!

[森]

2

屋久島の森は皆をつつむ

3

朝の日課 ボディーワーク

4

参加者のファシリテーションでセッション

5

こんなに激しい滝も海にしずかに帰ります