コラム

2013.11.28from BNS, コラム

mori2

12/7(土)はファシリテーション特別講座の最終回、「準備の7割はこれでOK!皆がその気になるアウトカム設定の秘訣」を実施します。講座の担当講師はマーロンことビーネイチャースクール代表の森雅浩。今回のインタビューは、この企画・テーマに対する鋭いツッコミを期待して、トミーこと冨岡武さんに聴き役を依頼しました。講座への想いとその背景にある実体験をまとめてお届けいたします。日々ファシリテーションの実践に取り組んでいる皆さんの参考となれば幸いです。
(聴き手:冨岡武 話し手:森雅浩)

アウトカムの秘訣は「主語」と「幅」

冨岡:マーロンがそれ程大事にしていた言葉とは知らなかった。聞いてみるものだね。僕も「アウトカム」は使うけれど、マーロンの言うような「来た!」というニュアンスをそこまで含めたノリでは使っていなかったな。で、実際に「来た〜っ」と思えた具体例を聞いてみたい気がしてきた。自分なりに「来た!」と思えるようなアウトカムが作れて、実際の会議も楽しくなったようなケース、ない?

森 :今ね、里山キッズ[1] という町田での社会貢献活動に関わっていて、その実行委員会の会議が年3回あるんですよ。活動自体は毎月やっているものなんだけどね。自分は実質的には会長みたいな役割で、実務には関わらないんだけど、会議では全体の方針を決めたりするの。この前、そのミーティングに向かう道中でアウトカムを考えたん
だけど、あれは良かったよね。

(さらに…)


2013.11.25from BNS, コラム

mori1

12/7(土)はファシリテーション特別講座の最終回、「準備の7割はこれでOK!皆がその気になるアウトカム設定の秘訣」を実施します。講座の担当講師はマーロンことビーネイチャースクール代表の森雅浩。今回のインタビューは、この企画・テーマに対する鋭いツッコミを期待して、トミーこと冨岡武さんに聴き役を依頼しました。講座への想いとその背景にある実体験をまとめてお届けいたします。日々ファシリテーションの実践に取り組んでいる皆さんの参考となれば幸いです。
(聴き手:冨岡武 話し手:森雅浩)

 

そもそもなんでこの企画?

冨岡:はい、では早速、話を聴かせていただきます。そもそもなんだけど、タイトルの「準備の7割はこれでOK!」にある準備って何の準備?準備って必要なの?

森 :ワークショップとか会議。自分がファシリテーョンを使う場面にむけた準備。それは絶対的に必要でしょう(苦笑)

冨岡:絶対的に必要ですか(笑)で、準備の7割がこれでOKとのことだけど、具体的にはどういうこと?

森 :本当に7割かどうかって、正直言ってわからないんだけど。ただ、普段ミーティングやってる時は、丁度この前もそうだったんだけど、アジェンダは出しても終わった時にどういう成果を求めるかっていう確認とか設定って、毎回はやれていなかったりする。でも、本当はやった方がいいし、やるには準備しないと無理なのよ。それには、会議のオーナーとファシリテーターが同じ人であればまだいいけど、違う時は特に相談と準備が必要で、実際、会議の質が圧倒的に高まるんだよね。

(さらに…)


光陰矢のごとし

前回記事を書いたのが10/30ですから、あっというまに半月以上が過ぎてしまいました。この間オーナーと退出期限について話し合ったり(3月末までをリミットにすることで合意しました)、ウェブで物件を探したりと、何もしていないわけではないのですが、正直歩みは遅い!焦ります。
ちなみに物件検索サイトは何がおすすめですか?どこを見ても同じものが出てくる気がしますが、たまに面白い物件にぶち当たることもありますね。ただその選択(検索)基準が定まらないとキリがない。思いつきで見ていると果てしなく時間を使って、なんだか夢を追いかけているなんてこともあります。
当初のタイムプランでは先週末までに引っ越し先の方針を決めているはずでしたが、まだ定まっていません。 改めて選択肢を明確にすることからやり直しです。

オフィスを持つか、持たないか

クラウドを活用してデータを共有、倉庫だけを借りて備品は管理し、ミーティングをシステム化することでコミュニケーション不足をカバーする。連絡先は携帯電話、もしくはネットで……。そんな方法も考えられる時代になりました。実際オフィスにかかってくる電話はこの数年で極端に減りました。Be-Nature Schoolへの申込の主流は完全にウェブ経由です。取引先からの電話も9割は各個人への携帯あてでしょう。固定電話にかかってくるのは半分以上セールスかもしれません。
でも、決まったオフィスや固定電話のない自然学校や会社って、やはり信用が下がるというか、ヒューマンタッチが阻害されるというか、まだ無理な気がします。 働き方の自由度を高める方法は模索するとして、やはりオフィス持つことを前提に考えましょう。

シェアか単独か

松濤SOHOでの経験で、シェアする良さは実感しました。何より単独よりも広い物件が借りられます。特に話をすることがなくても他社の人がいれば、社内で一人だけでも寂しくないし、なんとなく安心感もあります。この効果は意外と大きいです。さらにシェアメンバー同士でのコラボがあればなおよしです。 なので、シェアの可能性は探りたい。ただし、だれと一緒になるかが問題です。 実はその有力な候補企業があります。その名は株式会社キャンプサイト。
http://campsite.jp
不動産のリノベを手がける建築士が、自らキャンプ場を経営すべく立ち上げた会社ですが、まだキャンプ場立ち上げには至っていません。
実はそこの社長の内田勝久くんには1回目の記事に書いた「地面があったら何がしたいんだワークショップ」の進行をお願いしていたりして、近しい関係になっています。
聴くと最近バイトをさらに採用して、社長はテーブルを追われカフェでの仕事を余儀なくされているとのこと。社長だけ席がない会社も結構カッコいい気がしますが、いずれにしても引っ越しニーズがあるわけです。
実はかなり真剣にお誘いしました。が、結論から言うと、じゃあそれで、とはなりませんでした。いろいろからみがあって、気持ちはあってもタイミング的にウンとは言えないとのこと。ですよねぇ。 全くもって残念。 そうはいっても他力本願で引っ越しを引き延ばすわけにはいかないので、単独を方向性として決めましょう。
う~ん……、でもシェアの可能性は捨てきれないなぁ。単独を主眼としながら、視野の片隅にシェアも入れておく。そういうニーズが立ち上がってくれば掴んでいく。やや玉虫色ではありますが、これが今の正直な結論です。
<2013/11/18(月)>


夢のビル持ち

この夏実施した「田中優的身の立て方講座」の受講生で、フリーランスライターのKさん(女性)。長野県の築150年の古民家を月3万で借りて住みながら、東京渋谷区に自分のビルを持っているということ。しかも100%ローンで購入し、テナント料で利益が出ているらしい。
えええ!そんな完全に身の立っている方に受講していただいて恐縮なんですが、それはそれとして「東京に来るときは是非そのビルの見学しながら話し聴かせてください」とお願いをしていました。そのアポが、10/29(火)だったわけです。
アポを取った時はまさか引越とは思っていませんでしたが、いまやどうすればビル持ちになれるかを直接オーナー様に聞ける好機と鼻息も荒くなります。

 

懐かしい感じ

現場は甲州街道沿い。通りの反対からは結構立派なビルに見えます。でも実際は小さくて1フロアーが22平米。3階建てエレベーターなしのかわいいビルです。なんだか半蔵門でBe-Nature Schoolが入っていたビルを思い出しました。
このビル、1階はハンバーガー屋さんですが、その時は営業していなかったので中の様子はわかりません。2階はオーナーがレンタルサロンを経営していて、3〜4階はアパレルさんが入居中。2階の中を見せてもらいましたが、靴脱ぎ床座りで結構落ち着けます。ビルの内装も自分でやったらしく、その様子がご本人のブログに載っています。
http://ameblo.jp/tamakichi-ka/entry-10900737988.html

 

物件獲得の旅

彼女にビル持ちになった経緯を聞きました。まず自分用に東京下町のタワーマンションを買ったところから不動産の旅ははじまります。程なく婚約し、彼と一緒にまたマンションを購入。自分のは必要ないので売ったら1000万円の売却益が。そしたら彼と破綻してそっちのマンションも売ったらまた1000万の利益が。その時彼女は「不動産の才能あるかも」と思い、以後戦略的に不動産を捉え始めます。
それとは別の話で、彼女は小石川の古民家で期間限定のカフェを経営した経歴の持ち主でした。自分が通い詰めていたカフェのオーナーに「古民家でカフェやりたい」とつぶやいたら不動産屋を紹介してくれて、その不動産屋に古民家カフェの話をしたら「よくそういう人いますよね」とけんもほろろな応対。と思ったらなんと1週間後に物件が出てきてホントにカフェオーナーになっちゃったそうです。
売却益の2000万円を担保にしたり、カフェ営業の実績が信用になったりなどしてローンも成立。すべてが有機的につながっています。ローンの金利や年数などの数字も具体的に伺って、さらにビル持ちの謎もすこし解けました。やはり人に歴史有りですねぇ。何事もステップがあるんですねぇ。当然ではありますが、いきなりのビルオーナーではなかった。それにしても彼女の引きの強さはすごいです!
激しく勉強になりました。でもこれが自分事になるかどうか全然見えて来ません。残念!
<2013/10/30(水)>


いけてるアイデア?

木曜日は偶然にも東京R不動産の林厚見くん達と飲み会。これはいいタイミングと早速話をしたら「えええ、また引っ越すの」って、言われても、ねぇ。
それはさておき飲みの席で彼から出たアイデアが

・まず駐車場を2区画借りる
・ バスを2台買う
・ 間にデッキを置くとオシャレな空間ができる

おお、それおもしろい。いざとなったらオフィスごと移動できるし、便利だ。キャンプ道具もそのまま運べるっ、てことで一応簡単に調べてみました。

・仮に都会の駐車場を1区画¥35000×2区画=7万円で借りるとする
・中古のマイクロバスが1台200万ぐらい×2台=400万円

5年ローンで買うと月の支払い8万円
ということは毎月15万円でOKということかあ。
でも、トイレとかキッチンは?上下水道はないですよね。電気はソーラーパネルとバッテリーとなると、高くつくな。電話とメールは電気さえあれば問題なし。さらに、大型運転免許も必要。
ところで、駐車場で営業なんて可能なんでしょうかと調べたら営業用トレーラーハウスのウェブに到達しました。
http://www.space-h.com/biz/
なんでもありなのね。だったら、少し田舎に空いている土地を探して常設テントもありか、などとどんどん横道にそれます。きっと法的な問題もあると思いますが、とりあえずチョイスのひとつとして考え、つっこんだ調査はまた改めてということにして、もっと根本的なコトを考えましょう。

 

オフィスとは何か?

果たしてオフィスには何が必要なのだろう。実は3/11の震災もそのあり方を問うきっかけになっています。
当時半蔵門にあったオフィス兼ワークルーム。森・帖佐・長谷部の3人がレギュラーメンバーですが、森・長谷場は出張も多いし、オフィスはいつもがらんとしていました。
そこであの大地震が・・・。その時オフィスにいたのは帖佐一人。長谷部は出張。森は遅いランチのあと本屋で立ち読みをしていました。
こりゃキャンプ備品やばいぞ、と思い慌てて戻ると、キャンプ備品は大丈夫。かわりに本棚の中が床に散乱しオフォスは雑然、というより騒然としています。とにかく余震が続くのでビルを出て外に待機。なにせぼろビルだったのでホントに怖いわけです。
その後数ヶ月、帖佐は自宅作業となり、社内会議はスカイプを使いました。それまで基本的にオフィスには毎日通うものでしたが、それが現実に崩れたりするなかで、自由で効率がよく、かつメンバー間のつながりが保てる働き方やオフォスのあり方はなんだろう。そんな事をずっとテーマとして持っていました。

 

必要な機能の洗い出し

そこでBe-Nature Schoolとってオフィスに必要な要素や機能を洗い出してみました。

考察図20131026

するとだいたい8つの要素(機能)が出てきました。
1:問い合わせ対応
2:資料のストックと活用(+個人情報の置き場所)
3:備品ストック及びメンテナンス(+クルマ置き場)
4:ワークルーム
5:ミーティング
6:雑談的コミュニケーション
7:スタッフ間のクイックな意思疎通
8:らしさの表現

この機能を満たすために必要な広さや場所を整理していけば、本当にトレーラーハウスでいいのかも見えてくるという段取りです。場合によってはオフィスではなくて別の方法で代替できることも有りかもしれない。たとえば事務作業をするならカフェのほうが効率のいい場合もありますよね。
同時にオフォスはその会社なり団体の「らしさ」に直結します。こだわればきりがない(コストとの兼ね合いも)ので厄介でもあり、逆にそこがもっとも楽しいところでもあります。
【機能×らしさ×コスト】
このバランスをどうとるのか?う〜ん、ここをきちんと考えましょう。
<2013/10/26(土)>


4 / 512345