コラム

2015.08.31from BNS, コラム

原発トーク写真

人生やりなおし研究所 Talking BAR編 今こそ原発について話そう~思想を持つことと、それを表明すること~」にご参加いただいた白澤健志さんにコラムをご寄稿いただきました。

 


Talking BAR Review vol.2

「根」に降りていくという論じ方 ―小寺昭彦氏と語る、原発再稼働と日本人―

白澤健志(しらさわたけし)

東京・吉祥寺出身。Be-Nature Schoolファシリテーション講座修了生(2009年度)。会社員。
エッセイ「義父の一言」で日本語大賞・文部科学大臣賞受賞(2012年)。慶應丸の内シティキャンパス定例講演会「夕学五十講」公式レビュワー。

 

「次は原発の話やるから」
Be Nature代表の森さんから第2回のテーマについてそう聞かされた時、率直に言って「困ったなあ」と思った。
原発に対する森さんのスタンスは、これまでの言動から大体わかっている。
いや、原発に対する私と森さんの考え方が違う、から困ったのではない。
推進にしろ、反対にしろ、特定の主張を掲げてそれを声高に叫ぶような集会はやだなあ、そしてそれを文章にして片棒担ぐようなのはもっとやだなあ、と思ったのだ。
今回は「ちょっと都合がつかなくて」とかなんとか言って断ろうかなあ…。
でも、そもそも森さんって、そんな政治的な集会をやりたい人だっけ?
(さらに…)


熊澤氏の話に身を乗り出すBe-Nature森
人生やりなおし研究所 Talking BAR編「今を生きるための『遺書を書く』習慣」にご参加いただいた白澤健志さんにコラムをご寄稿いただきました。


Talking BAR Review vol.1

「言葉で描く自画像」 ―熊澤弘之氏に聴く、「『遺書を書く』習慣」―

白澤健志(しらさわたけし)

東京・吉祥寺出身。Be-Nature Schoolファシリテーション講座修了生(2009年度)。会社員。
エッセイ「義父の一言」で日本語大賞・文部科学大臣賞受賞(2012年)。慶應丸の内シティキャンパス定例講演会「夕学五十講」公式レビュワー。

 

すべての文章は、誰かに読まれるために書かれている。
例えば日記のように、他人に見せるつもりの無い文章であっても、それが書かれているまさにその瞬間、その文章は、書いているその当人によって読まれている。

遺書はどうだろう。
もちろん、誰かに読まれることを前提としている。
いや、誰かなどという曖昧なものではない。多くの場合、遺書は、家族や友人といった特定の読み手を前提としている。
しかしそのこと以上に遺書を遺書として特徴づけるのは、それが読まれるタイミングであろう。
書いた人が存命であるうちに遺書が読まれることは、通常、ない。
そして遺書が然るべき時に然るべき人に読まれたならば、それはその遺書を書いた人が既にこの世にはいないということを意味する。となればそれは、返信の効かない、一方通行の言葉にしかなりえない。遺書はそんなふうにできている。
そう思っていた。

(さらに…)


紹介というご縁

ウェブで見たり、飛び込みで駅前の不動産屋さんに入ったりと、ずいぶん探しましたが、決めた物件は今の松濤SOHOのエミさんが紹介してくれた不動産屋さんで教えてもらったものです。
決めた物件はウェブで見たら絶対にスルーしていたと思いますが、その不動産屋さんに行ったとき、取りあえずということで見た何件かの一つです。即決ではありませんでしたが、見たときに何となく引越後がイメージできたんですね。
条件(家賃、保証金)や面積など課題はありましたが、エミさんの紹介ということもあり、その不動産屋さんはBe-Nature Schoolでやりたいこと(事務所+αとか、人の集える場所とか)をよく理解してくれて、いろいろ相談に乗ってくれました。これもご縁だなと思い、予定通り1月中に物件決定ができたわけです。

 

 

おかげさまです

その他、いろいろな人にサポートでなんとか引越がすすんでいます。一緒にオフィスをシェアと言っていたキャンプサイト社の内田さんは内見につきあってくれて、図面も引いてくれました。
消費税前の駆け込み需要で職人さんが全然見つからないなか、事務局スタッフの紹介でぎりぎり業者さんも見つかりました。
10年以上前は寿司屋だった引越先ですが、しばらく事務所だったのでガスや給排水がどうなっているのかしばらく分からずじまい。でも業者さんに現場を見てもらうことで、何となくの工事規模や業者さんの振り分けも決定しました。
これで改めて「事務所+α」として、キッチンも作り、飲食の営業許可も取る方向で動くことができます。
そうはいっても、飲食はあくまでスクールのイベントがらみで提供することが目的で、食堂やカフェをするわけではありませんよ。でもちゃんと基準を満たすキッチンを作ることにしました。

 

 

頭使いまくり

内装って諸々やろうとするとお金がかかりますよね。でもご存じの様に弊社は資金は潤沢ではありません(涙)。そこで自分たちでは難しい設備関係や一部の造作は業者に頼み、あとはDIYで行くことにしました。
しかも面積はせまいし工夫が必要。毎晩仕事が終わって寝るまではレイアウトのプランニングやネットで調べ物です。これにずいぶん頭と時間を使うわけです。

結果生まれたレイアウトがこれです。

MAT102立面図140210_ページ_1

MAT102立面図140210_ページ_2

まずはキッチンの腰壁をつくってもらう業者さんの工事からスタート(これもあくまで職人さんの都合優先で決まった日程です)が決定。
ここまでこぎ着けるのに結構大変でした。でもやっとこれからが本番です。頑張ります!


ごめんなさい、でも決まりました

一週間に一回は書くと言ったこの連載ですが、なんと前回の1月10日のアップから、な、なんと5週間以上が経ってしまいました。実はこの間、怒濤の内見をこなしておりまして、もうホントにどうなっちゃうんだろうという毎日でした。本当はそこをいろいろ書くはずだったんですが……。
でも、ついに決まりました!
晴れて2月8日に契約書を交わし、移転に向けこれまた怒濤の毎日がはじまりました。おっと、契約してからも2週間経っております。面目ない。

さらにごめんなさい。渋谷です。

お茶の水だの、下町だの、前回いろいろ書きましたが、最終的には渋谷です(苦笑)。何というのでしょうか、水が合うんでしょうかね。住所でいうと渋谷区東1丁目。本当は恵比寿・代官山を探っておりましたが、思ったより渋谷に近くなりました。無理をすれば表参道からも歩けます。ヒカリエの地上1階から歩いて7分少々。渋谷の聖地「金王神社」の近くです。

1階路面です!

中から外

お茶の水の物件に刺激されました。やっぱり1階はいいなぁという思いがふつふつとわいてしまったわけです。写真は事務所の中なら外を見たところですが、雪が降ったあとなので、外がやけに白く写っています。
かなり、「事務所+α」コンセプトのつよい路面店的オフィスになると思います。
正直広くは無いです。いや、狭いといった方が正しい。かなり工夫が必要なのはお茶の水の物件以上。でも、なかなか気持ちのいい部屋なんです。キッチンもちゃんと作ります。飲食の営業許可も取るべく動いてます。

さて、これから新オフィスづくりの連載を再スタートです。


お茶の水

昨年末からバタバタと内見をしていますが、その中にお茶の水の物件がありました。お茶の水と言えば楽器街。ギター小僧だった中学時代に胸ときめかせて通った記憶があります。あとはスキー&アウトドアショップでしょうか。お茶の水といっても駿河台、神保町の方に伸びて行く感じですね。
今回の物件はそれとは逆の方向にある4階建ての小さなビルの1階と地下1階です。元はビストロだったらしく、外見がかわいいです。厨房設備も少し残っていて料理ワークショップやサロン運営にはグッドですね。

写真1

旗の台の物件に比べて外に向かって開いている感じがいいです。日当たりはないものの幹線道路から一本入った道に面していてクルマも駐めやすく荷物の搬出入にも良さそうです。
ただし狭いので使い方に工夫が必要です。まず1階をカフェのようにしつらえ、地下は資料・コピー機・備品置き場兼作業場として使用する。スタッフは地下に置いた資料から必要な物をピックアップして、まさにカフェに行くようにして1階で仕事をする。来客やミーティングも1階(≒自社カフェ)を使用するイメージです。
1階では平日夜に小規模なワークショップやイベントを定期的にやりたいですね。料理やドリンクも提供できるので、今までとは違った展開が可能になってワクワクします。ただし、その時間は事務作業ができないので、スタッフはイベント運営に関わるか、よそに行って仕事をしないと行けません(笑)。夜は事務作業をするべからず、ということでしょうか。
心配なのはイベント備品の収納と出し入れですね。いかんせん広さとしてぎちぎちなので、夏のハイシーズンにどうなっちゃうのか心配です?
ここはかなり引かれました。家賃が手頃なのもいいです。継続検討リスト入りです。

 

新御徒町

そんな名前の駅ははじめて知りました。駅近くの古いアーケード商店街を抜けて地図を見ていたらおばちゃんが「どこの店探してるの?」と声をかけてきました。
「あ、物件を探してるんですよ」
「ああ、物件なのね。お店だったら何でも知ってるから教えてあげようと思ってさ」
「あ、ありがとうございます」
下町なんです。人情のまちなんです。なんだか心がほっこりします。
さて、物件は昭和3年築の一軒家。インパクト有ります。1階の半分は店舗、半分は1BOX車も余裕の建物内駐車場と備品庫に十分なスペース。さらにその奥は作業場。2階にも広いスペースと昭和なベランダがあり、お茶の水の物件とは逆にでかいです。3社で十分シェアできます。トイレも3カ所あります。

写真2

実はこの物件、前にタイ人を妻に持つ人が日本旅館(バックパッカーズ宿的な)とすべく申込をしたのですが、建物が古くて建築規制がクリアーできずNGになったとのこと。
とにかく妄想の広がる物件です。旅館じゃなくてもここにきたら相手は「世界」ですね。日本人にとっては下町の不便な場所ですが、外人にとってはすごく魅力的なはずです。
まず1階は建物の持ち味を活かしてカフェにします。ネットを通じて外人さんがわざわざ来ます。オー、昭和ジャパン、シタマチ、オモテナシです。
もちろん近所のおばさんも常連です。そこで絶対に必要なのはオリジナルスイーツ。おばちゃんにはスイーツドリンクセットを¥600でご提供。
ここでしか買えないスイーツを求めて外人のみならず日本人もわざわざ来店。2年後には評判を聞きつけた伊勢丹のバイヤーに押されて、仕方なく伊勢丹地下一階にスイーツ販売コーナーを出店。いや〜、ここまで来るともうBe-Natureだかなんだか分からないです(笑)

 

エリアと建物の魅力、その相関関係

昭和3年の物件はスタッフ合宿で設定した条件のうち

・ストーリーがある一軒家
・+αが可能で飲食もOKな店舗的事務所

の二つを満たす超魅力的な物件です。
帰りは浅草橋まで歩いて行きました。その途中というか物件のすぐそばに「おかず横町」という商店街があって、これがまた渋い。ものすごく気分が上がりました。ただ、この場に自分が、いやBe-Natureが腰を据えて地域に根ざしてやっていこうと思うか、と問われると「ハイ!」とはすぐには言い難い。相当なマインドシフトが要求されます。
お茶の水の物件は、
+αが可能で飲食もOKな店舗的事務所
にあたりますね。
駅からのルートはイチョウ並木があったりして意外にも気持ちよく、文化の匂いがするので悪くないなと思いました。お茶の水駅聖橋口の駅前も嫌いじゃないですね。新御徒町よりぜんぜん都会です。家賃が安いのも魅力的です。でも、理想か?と問われるもろもろを含めて、完璧ではないです。

さて、もうすこし物件探しの旅を続けましょう。


2 / 512345