プログラムレポート

8/9-12「マインドフルリトリート屋久島・2018夏」Report

2018.08.16

台風。このどうにもならない、自然の動向を注視する(といってもネットの情報を通じて)ことから「マインドフルリトリート屋久島2018夏」は始まりました。
なんたって、皆や講師の中野民夫さんが飛び立つ時間帯ドンピシャに台風13号が羽田直撃の予報だったので。

でも、結果的に飛行機は飛び立ち、屋久島には全員が無事に集合!よかったです。
実は、航空便の欠航を見越して前日に新幹線で博多まで入り一泊、翌朝鹿児島まで新幹線で移動し、そこから高速船で屋久島入りした方もいました。大変でした。ホントに。

そんな僕らを屋久島はまず晴天で歓迎してくれたあと、山に入ったときは木々が潤う雨を降らせ、川で遊ぶときは太陽と雲のコントラストを見せ、いきなりの激しい雨をふらせたら太陽を輝かせ、夜は満天の星を降らせる、などなど、様々な表情を見せてくれました。それはまさに最高のコンディションでした。

鹿児島からのフェリーで屋久島入りは旅情溢れるお勧めの方法

本然庵のすぐそばには沢が!暑い夏は水に入ってクールダウン

毎朝のヨーガに瞑想、一日を深くゆっくりと過ごす「A day of mindfulness」、深い原生の森を歩く1日、ダイナミックな滝と海が出会う1日。そして温泉、美味しい食事、仲間や自分自身との対話。

朝日を浴びてデッキでヨーガと瞑想。マインドフルに一日を過ごす秘訣

屋久杉の森で大樹を実感し悠久の時に想いを馳せる

瀑布の風圧と水滴で、その力づよさを全身にあびる

滝がなだらかな流れとなり海に合流する浜で記念撮影

4日間の締めくくりは、瞑想で

まさにマインドフルで、様々な出来事がとっても贅沢なリトリートでした。

【森 雅浩】


ピックアッププログラム