プログラムレポート

2017/4/22-23 「バードシャワ−、響き合う野生」Report

2017.05.10

2017年4月22日(土)-23日(日)奥多摩の山のふるさと村にて「バードシャワー~響き合う野性」が行われました。ゲスト講師に、株式会社鳥のトリ社鳥さん、講師は帖佐仁美、森雅浩の3人です。

日の出とともに、野鳥たちがさえずりだす瞬間を体感しました。

午前3時起床。夜のうちに森に入り、漆黒の闇の中、それぞれの場に座って、じっと朝を待ちました。周囲が徐々に白んでゆくころ「ケキョケキョ」と一番鳥の声が聴こえてきました。梢のあちこちから聴こえる「ツクピツクピ」「ツピツピツピ」という、さえずりのシャワーに包まれていきました。

「あんな小さな身体なのに、とりたちの声は、森全体にいき渡るんですね」
「朝と共にさえずりだすなんて目覚まし時計みたい」
「鳥たちは懸命に生きてるんだなーと。自分も懸命に生きようと思った」
バードシャワー体験の直後は、感動さめやらぬ様子でした。

ゲスト講師のトリ社鳥さんは、「野鳥は都会でも見かける野生の生き物です。小さな身体でそのまま自分の力で生きてるんですよね。これをきっかけに自分が生活している場でも生きている、そんな野生の鳥たちの姿に気づいてもらえたら嬉しいです」と皆さんに語りました。

体験後、仮眠をとったあとは、日ざしがさしこむ気持ちの良いアウトドアで、手作りの朝食をおいしくいただきました。
朝食後は、森の中でゆっくり、鳥のさえずりに耳をすませたり、吹き抜ける風を感じたり、日ざしの温かさを感じたり。
心身ともにゆるんで、素の自分に戻っていくような、極上の時間を過ごしてもらえたと思います。

[帖佐仁美]

 



ピックアッププログラム