ギアナ高地・原始の大地を歩く

野生の魂がうずく秘境への旅・スライド&トーク
日程:2017年4月12日(水)19:15-22:00
場所:Be-Nature School 地図
講師:長谷部雅一、森 雅浩
定員:15名
ギアナ高地・原始の大地を歩く
参加費3,500円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 残席あり
このプログラムについて問い合わせる

地球最後の秘境と言われる南米のギアナ高地。その神秘の山に麓から歩いてアプローチした旅のノウハウとプロセスを全て公開します。

「野生」をテーマに掲げた2017年度・おとなの自然塾の第一弾は、まさに野生への旅を終えてきた弊社(有限会社ビーネイチャー)取締役の長谷部雅一のスライド&トークです。聴き役はBe-Nature School代表の森 雅浩。飲みながら・食べながら話を進めていきます。

大学の卒業式翌日から1年間をかけて世界一周を旅し、そののちビーネイチャーに入社した長谷部雅一は一人旅のエキスパートでもあります。その彼が、今回選んだのが南米・ベネズエラのギアナ高地です。ここは地球上の全ての大陸が一つにつながっていた「パンゲア大陸」時代につながる約4000万年前の地殻が隆起してできた、世界最古の大地でもあります。
垂直に切り立った断崖が特徴的な見る物を圧倒するテーブルマウンテン、世界最大の落差を誇る滝、不思議な生態系など、まさに秘境そのものです。

限られた情報しかないギアナ高地への旅は、日本で手配するとかなりの高額ツアーとなりますが、彼が選んだのは現地で情報を収集し、その場で組み立てていく、まさに手づくりの旅でした。空港から陸路で麓まで移動し、さらに歩いて太古の高地に登る。まさに原始の旅です。

現地の特殊な経済状況や不安定な治安、高地に暮らす不思議な生き物、そしてインディオのガイドやポーターとの出会い等々。行ってみないとわからない、秘境への道のりを合計2000枚以上撮影した写真の一部とともに飲みながら食べながら聞いていきます。

※参加費には1ドリンク、おつまみ料理が含まれます。

【森雅浩の連載コラム(全10回)スタートしました】
野生を呼び覚ませ! 〜生きている実感を取り戻す〜
第1回:都市生活者にもっと野生を!

 

長谷部雅一 プロフィール

アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター
1977年埼玉県川口市生まれ
2000年から2001年の世紀をまたぐ時期に丸一年をかけての世界一周の旅をする。7000メートル級の山からパタゴニアの大地、シンプルな営みの国から先進国まで、自然とひと、そして文化にふれあう。
プロジェクトの企画・コーディネイト・運営の他、研修講師、ネイチャーインタープリター、場づくりの仕掛け人も務める。
幼稚園や保育園のコンサルタント業務も行い、保育士向けに自然体験指導者教育、幼児へは自然体験を通じて育むボディーバランス、感性、社会性などの教育に力を入れている。
現在もロングトレイルや秘境をザックを背負って歩く旅人。

著書 『ネイチャーエデュケーション〜身近な公園で子どもを夢中にさせる自然教育』(みくに出版)
監修 『3歳から小学校低学年までの子どもと楽しむ外遊び』(地球丸)
連載 エイ出版『フィールドライフ』にて「Back Packer's Workshop」
be-pal.net にて【日本の未来を明るくする】園児野生化計画
小学館『新 幼児と保育』にて「ネイチャーエデュケーションのすすめ」
その他雑誌、テレビやラジオなど、アウトドア、幼児教育、防災関連を主として多数のメディアにて活躍中。

長谷部雅一からのメッセージ

今回のギアナ高地の旅は、今までの一人旅の中でも一位二位を争う面白さがありました。全てを話すと2日間かけても終わらないくらいですので、凝縮して共有させて頂きたいと思っています。なによりも、南米のおつまみとともに美味しいお酒を一緒に飲みましょう!

 

森 雅浩からのメッセージ

長谷部の久しぶりの一人旅プラン。その行き先を聞いたら、なんとギアナ高地とのこと。ええ!そこって私・森雅浩がものすごく行きたいと思っていた場所ではないですか。これはズルイと本心では思いましたが、なんとか笑顔で送り出したのが今年1月。でも、せっかくだから記憶がホットなうちに秘境旅の話を聞きたいとおもい、弊社スタッフではありますが「特別ゲスト」としてトーキングバーにブッキングしました。なんて言っても彼は「旅のプロ」ですから、そこは尊敬に値します。南米風のおつまみ料理を食べながら、たのしく過ごしたいと思っています。


ピックアッププログラム