勝負どころの見極め方

出会いとチャンスをカタチにするために必要なこと
日程:2016年10月25日(火)19:15-22:00
場所:Be-Nature School 地図
講師:土屋芳隆、森 雅浩
定員:14名
勝負どころの見極め方
参加費3,500円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 キャンセル待ち
このプログラムについて問い合わせる

CHUMSを人気ブランドに育てあげた土屋芳隆さんをお迎えし、どうすれば夢を膨らませ、それを実現できるのか、を語ります。
Be-Nature School代表の森雅浩が、いま会いたい人と、語り合いたいテーマについて、飲みながら・食べながら話を展開するTalking BARの第7弾。ゲストは人気アウトドアブランド「CHUMS」をてがける株式会社ランドウエル代表取締役社長の土屋芳隆さんです。

30年ほど前にアメリカのデンバー大学を卒業して帰国した土屋さんが就職したのは、なんと証券会社。大量の名刺を渡されて、とにかく飛び込み営業に毎日明け暮れていたといいます。その後、何回かの転職を経て、31才の時に株式会社ランドウエルを設立。ほどなくして大学時代の友人からCHUMSの商品を紹介され、それをきっかけに日本総代理店になります。以降、日本提案のオリジナルグッズを成功させるなどして事業を伸ばし、現在は表参道の直営店経営や上海への出店、韓国・香港・台湾・タイでの販売など、大きな広がりを見せています。
そんな土屋さんが31才で会社を設立したのは、実は30才ぐらいまでにとにかく独立したかったからで、特にどんな事業をするかも決まっていなかったと言います。

大学時代の友人からの紹介という、ちょっとしたきっかけを確実に捕え、ブランドを成長させてきた土屋さん。その成長を生み出した勝負どころの見極め方や、背後にある思想やポリシーに迫ってみたいと思います。
楽しくも真剣に、かつクールに熱く。美味しいお酒とおつまみを味わいながら、トークをお楽しみください。

※参加費には1ドリンク、おつまみ料理が含まれます。

 

土屋芳隆 プロフィール

tsuchiya1962年1月10日生まれ
一人っ子
東京都江戸川区小岩出身
高校卒業後2浪の後、大学に入るも合計10日しか登校せず
人生をやり直すつもりで渡米
そしてどうにか無事に
米国コロラド州デンバー University of Denver 経営学部卒業
帰国後証券会社に就職、2年で退職(日本の会社特有の飛び込み営業に疲れる)
その後小さなコンサルティング会社に3年勤務。(外国顧客の案内、電子部品コンサル)
31歳の時にたいした当てもなく独立
今に至る・・・・・。

趣味:料理・超ゆっくりマラソン・ジム・読書
好きなテレビ:NHKスペシャル・火曜サスペンス・お笑い(得に吉本新喜劇)・ラジオ体操
最近気になる事:日本全般的に横文字を使いすぎる。
コンプライアンス・UI/UX・マーケティング・ローンチ・アーティスト(歌手なのに)あげたらきりがない!!!

CHUMS オフィシャル・ブランドサイト
http://www.chums.jp/

土屋芳隆からのメッセージ

Be-Nature森さんとのお付き合いは仕事を通して7-8年になると思いますが、森さんと実際にゆっくりとお話する機会は先日のチャムスキャンプの打ち上げが初めてでした。
私の感じていた森さんのイメージは、後姿が渋い色気のある文学青年といった感じでアウトドアとはあまり繋がりませんでした。
このようなトークゲストは始めての経験ですが、森さんに丸裸にされる覚悟で、当日は勝負下着を着けて伺いたいと思います。

 

森 雅浩からのメッセージ

CHUMSというブランドはかなり昔から知っていて、どちらかというとアウトドアとうよりカジュアルブランドといった認識でした。ところがこの7〜8年、イベントを通じておつきあいしていくうちに、急激にブランドとして変化・成長してしまった、という印象です。
先日、土屋さんと飲む機会があり、創業前のお話を聞いていたらあまりに面白いので、ついその場でTALKING BARゲストのオファーをしてしまいました(笑)。
一番驚いたのは、会社を設立したときに、なんの事業計画もなかったということ。それって、起業においてはもっともダメだと言われるパターンですよね。でも、いまは30億円企業です。これはなんか秘密があるなと思って、話を聞こうと思ったら時間切れになってしまいました。TALKING BARではしっかり、そこを探っていきたいと思ってます。


ピックアッププログラム