運や偶然、あるいは引き寄せについて(終了)

意識やエネルギーを高める自分の鍛え方
日程:2015年9月3日(木)19:15-22:00
場所:Be-Nature School 地図
講師:松田恵美子、森 雅浩
定員:15名
運や偶然、あるいは引き寄せについて
参加費3,500円(税込)
(税抜価格:)
数量
空席状況 申し込み終了
このプログラムについて問い合わせる

運や偶然を引き寄せることは本当に可能なのか?身体感覚をテーマに活動する松田恵美子さんを迎え、人が持つ意識の力やエネルギーについて語ります。

Be-Nature School代表の森雅浩が、いま語り合いたいテーマについて飲みながら話を展開するTalking BARの第3弾。今回のゲストは「自分という自然に出会う」シリーズでも講師をつとめ、Be-Nature Schoolとはご縁の深い松田恵美子さんです。

だれでも一度や二度は偶然の符合、たとえば「連絡したいと思っていたら電話がかかってきた」とか「思っていたらそうなった」といった経験はあると思います。でも『ザ・シークレット』 にあるように、なんでも引き寄せで手に入る、を実感する人は少ないと思います。

整体や瞑想行法としてのヨーガを活かした独自の東洋的身体技法を指導する松田さんは、その身体的観点から引き寄せに関していろいろ実感することがあるそうです。

例えばその状況の一つの有様は、まず自分の身体の軸を立てる。そして相手の軸と合わせたときに共鳴が起こりやすくなる。
つまり自分と周囲が“おのずと”調和する状況になったとき、共有していることが、これまた“おのずと”起こってくる。身体を整え、意識やエネルギーを高めることは、引き寄せをおこすきっかけや条件にはなるでしょう、とのこと。

なんだか、わかるようなわからないようなお話しです。

そもそも運や偶然とはなんなのか?「引き寄せ」とは対局にありそうな「目標設定」や「計画」にどんな意味があるのか?身体をととのえると引き寄せ力が高まるなら、実際どうすればいいのか?
ゲストや参加者の事例や体験、そして飲みながらでもできる簡単な身体技法を交えながら、この不確定な事象を楽しく紐解いていきたいと思います。

※参加費には1ドリンク、おつまみ料理が含まれます。

 

松田恵美子 プロフィール

matsuda日々の動作や日本文化における型などを感覚からひもとき、日常生活に活かせる知恵や技として活用することで、自分の身体を自分で育む姿勢を指導。学校教育における教材化の研究協力や企業研修、助産師研修、僧侶とのコラボ講座などに携わる。
著書『身体感覚を磨く12カ月』(ちくま書房)
共著『自分という自然に出会う』(講談社)、『おとなの自然塾』(岩波アクティブ新書)



 

松田恵美子氏からのメッセージ

“引き寄せ”というと、ナンカ自分にとって「イイコトばかり起こって欲しいなぁ」という匂いがします。
そんなに人生、うまくいくか?!
でも、森氏が言うなら面白い。
彼とは若いときからの仕事仲間ですが、オヤジになっても相変わらずメチャメチャ直感的に突然変容してしまう人柄が楽しくて、このテーマにのりました。

私達はほぼ同じ年です。
森氏が「人生やり直し」作戦をこれから展開すると聞いて、私は「人生やり残し」をどう片づけるかと思いました。
あっという間に熟年になってしまったオヤジやオバサンが残された人生の時間を思い、とにかく悔いなき人生をと願うとき、どんな奇策を出しあうか、、、。

酔席ではありますが、“面白くてタメになる”東洋の身体観における技の智恵も皆さんとともに、共有したいと考えています。

 

 

森 雅浩からのメッセージ

何を隠そう『ザ・シークレット』は随分と読み込みました。この本が話題になっていた時、松田さんが「出たね、こんな本が」と言っていたのを覚えています。でも、その真意はしっかりと話さずじまいでした。
そのあと松田さんから紹介された本が『偶然のチカラ』(植島啓司著・集英社新書)です。別の角度から「出来事の不思議」にアプローチした非常に面白い本です。
今回のTalking BARはそんな背景をもとに、改めて松田さんと話の続きをしたく企画しました。
松田さんは明るく楽しい普通のオバサンですが、自分の娘から“魔女”と呼ばれるぐらい、ちょっと不思議なところのある人です。
インドをはじめ、世界中の聖地巡りもしているそうです。

普通だけど普通でない松田さんと普通のような普通じゃない話を楽しくできればなと思います。



ピックアッププログラム