プログラムレポート

「楽しい修行と半農半X」Report

2014.12.08
1・オープニングで話す中野さんとリベンデルの熊澤さん。紺のセーターが塩見さんです。

オープニングで話す中野さんとリベンデルの熊澤さん。紺のセーターが塩見さんです。

11月30日(日)、「楽しい修行と半農半X」が実施されました。

中野民夫さんの新著『みんなの楽しい修行』出版を記念して組まれたいくつかのイベントの最後を飾ったこの企画は、『半農半X』で知られる塩見直紀さんとのコラボ。実は、中野さんが京都府で実践しているお米作りの田んぼは、塩見さんから借りている、という仲です。

私は今回のイベントで初めて塩見さんとご一緒させていただきましたが、ひょうひょうとした風貌からは想像できない、かなりエッジの効いたコンセプチャーだということがわかりました。主催者ながら一緒にワークに混ぜていただき、いろんなアイデアが浮かんできました。

20年来の付き合いになる中野民夫ワールドももちろん健在。楽しい修行として改めて捉え直すと、ますます魅力が際立ってきます。

これからの時代に、新しい自分なりの生き方を描いて行こうとする(もしくはもう描き始めている)参加者の皆さんとの交流も刺激になりました。

会場となったリベンデルの園主熊澤さんも良い味をだしてくれて、面白かったです。Be-Nature Schoolのこれからにつながる、様々なヒントをいただいた1日でした。

[森]

 

2まずはリベンデルの農園を見学。農場運営のポイントを伺います。

まずはリベンデルの農園を見学。農場運営のポイントを伺います。

3・地物の野菜を使ったランチが好評でした

地物の野菜を使ったランチが好評でした

4・塩見さんのプレゼンで「半農半X」のコンセプトを学びます。

塩見さんのプレゼンで「半農半X」のコンセプトを学びます。

5 中野民夫さんの「楽しい修行」の一コマ

中野民夫さんの「楽しい修行」の一コマ



ピックアッププログラム