プログラムレポート

松田恵美子の身体感覚ヨーガ -自然の中で身体を整える- レポート

2014.05.12
shintaikankaku-2

ひとり一人に対応した指導と集中して実技を重ねることで満足感たっぷり。

2014年4月19日(土)-20日(日)長野県小諸市で「松田恵美子の身体感覚ヨーガ」が行われました。講師は松田恵美子さん、企画ナビゲーター帖佐仁美です。

東洋の身体技法を用いて身体を整え、自然とつながる瞑想をするのが『身体感覚ヨーガ』です。今回は、原始のエネルギーである『火』がテーマ。雄大な浅間山に連なる山脈を目の前に、丁寧に時間をかけて身体と向き合えた2日間でした。夜の焚き火では、今捨てたいことを書き、燃やしました。火の粉はすーっと小さな火や白い煙となって天へ昇っていきました。まるで活火山のマグマのような置き火をみつめ、その置き火の様子を身体の感覚に置き換えて、翌日は『火』のエネルギーを身体に充電しました。

合宿の最大の魅力は、雑多な日常から離れ、豊かな自然に身をおき、集中して自分の身体や心(精神)に向き合えること。ひとり一人の個性や興味にあわせたアドバイスや内容を講師の松田さんに用意していただいたので、参加者の方からは「少人数だからこそ講師の目が行き届いて、奥深いところまでいけたのだと思います」という感想をいただきました。ありがとうございました!

自然とつながる瞑想…おすすめです!

【帖佐仁美】

shintaikankaku-1

小諸では季節が少し逆戻り。桜が満開でした。

 

shintaikankaku-3

瞑想の座法をとり、自分の内側に目をむけていくうちに、いつしか無の状態に。

 



ピックアッププログラム