鈴木まり子/Mariko Suzuki

suzukiわくわくコミュニティ世話人

1960年静岡県生まれ。 法政大学キャリアデザイン卒。

子どもの頃、ボランティア活動を通して、ワークショップと出合う。 人事労務コンサルティング会社の支社長を経て独立。企業、行政、学校、NPOなどにおいて、 ひとりひとりが「尊重され、存在できる」場づくりを目指してワークショップやファシリテーション研修を企画・実施している。 NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー。 日本経団連キャリア開発センター認定キャリア・アドバイザー。法政大学、静岡産業大学兼任講師
共著「ファシリテーション実践から学ぶスキルとこころ」岩波書店

 

 

ファシリテーター・講師としての実績

企業の経営者、管理職、プロジェクトマネージャー、経営者対象(会議・ミーティングで活用)
大学、高校、中学、小学校の教員対象(参加型授業の質向上のため)
地域のリーダー対象(団体での話し合いやワークショップに活かすため)
大学の授業(今後必要なコミュニケーションスキル取得として)
ボランティア団体(団体での話し合いをうまく進めるため)
団体対象(税理士、建築士、社会保険労務士など)
地域包括ケアシステム構築に向けて、介護・医療者向けのファシリテーション研修
防災・減災に取り組むためのファシリテーション研修

ひとこと

「ファシリテーションって何だろう?ちょっと覗いてみようかな」という人向けのコースから、かなり深い内容のコースまで、各分野でファシリテーションの実践をしている講師が、その場で起こったことを大事にしながら進めていきます。